パワーラックで脚の筋トレ

スクワット、レンジ、グッドモーニング、デッドリフト


全て脚の筋トレとして王道ですね。バーベルのスタート位置を自由に変えられるのでスクワットをやってベンチプレス、という流れがたとえあったとしても簡単に高さを変えてトレーニングできます。

セーフティーもあるので安全に高ウエイトでのスクワットができるのも魅力です。特にパワーテックのパワーラックの場合は650kgまで耐えられるので相当鍛え込んでいる方にも対応しています。特にビルダーの方の脚のトレーニングには最高のパワーラックでしょう。

ポイントはセーフティーが貫通式でないことです。クルッと回転させてスライドすればセーフティーが簡単に取り外せます。狭い自宅だと貫通式のセーフティーバーを一旦抜かないといけないのでその分のスペースも必要になりますし、無駄な取り外し時間がかかるので面倒です。一度スライド式のセーフティーを使うともう貫通式には戻れないほどです。

実際に私が一時期ホームジムを解体し、24時間ジムに通っていたときはこの貫通式だったので毎回誰かが使ったセーフティーバーの高さを変えるのすら面倒でした。パワーテックやタフスタッフのパワーラックはスライドとワンタッチ式なので秒速で高さ調節が可能です。良いものはそれなりの理由があるんですね。

スクワットのためにパワーラックを買う人も

自宅で高重量のスクワットをやりたいがためにパワーラックを購入する方もいるそうです。それほどスクワットは体づくりにとって重要であり、同時に怪我の危険性も高いため頑丈なパワーラックが必須になります。

スクワットラックを検討している方もいると思いますが、パワーラックならスクワットだけでなく、ショルダープレスなどもやりやすいことと、チンニングやぶら下がった状態の腹筋トレーニングもでき、確実にコストパフォーマンスが高くなります。スクワットラックも実はパワーラックと同じか物によってはそれ以上しますからね。参考までにスクワットラックはこちら。1トンに耐えられます。