パワーラック完全ガイド

お薦めベンチプレス専用プレスベンチ

安全性優先でお薦めのプレスベンチをご紹介

ホームジム、公共のジム、プライベートジムで使用する安全性が高く信頼できるプレスベンチのみをご紹介します。セーフティーバーがなく、安全性に不安のある低価格プレスベンチは除外しているので、本格的なベンチプレッサーの方や自宅でベンチプレスだけを強化したい方に検討してもらえればと思います。

タフスタッフ オリンピックベンチ


タフスタッフ オリンピックベンチ

151,800 円(税込)
サイズ:幅130×奥行124×高さ130cm
重量:約59kg

3段階のラック、セーフティーバーはプルピン式でワンタッチで高さが変更可能です。2m以上のストレートバーで使用可能です。

タフスタッフの極太フレームとしっかりした溶接により堅牢性は確かなもので、自宅でひとりベンチプレスを行っても怪我のリスクを最小限に抑えることができます。

BULLオリンピック スパイン ベンチ EX

BULLオリンピック スパイン ベンチ EX
BULLオリンピック スパイン ベンチ EX

308,000 円(税込)
サイズ:幅172×奥行183×高さ124cm
重量:75kg

フック、セーフティーバーの高さ調整は8段階、6cm刻みと細かく調整可能です。どんな体型の人にも対応できるは汎用性がBULLのプレスベンチの特徴のひとつです。

ふたつのプレート収納ラックを備えていて、BULLオリンピック スパイン ベンチ EXだけでベンチプレスの筋トレ周辺器具がまとめられます。

スポッターが立つためのプレートもついていて補助がしやすくなっていることからもわかるとおり、個人宅で使用する目的よりも公共のジムや一部の高強度ベンチプレスを行うプライベートジムに導入されることを目的としています。バーをかけるフック部分は摩耗しやすい部分のパーツだけを交換できる仕様になっているため毎日不特定多数の人が利用しても継続して使い続けられる作りになっています。

本体重量が75kgと重めですが、一般的なパワーラックよりは当然軽いので自宅に設置することも問題ありません。

お薦め&厳選パワーラック

筋肉をつける食事

筋肉をつけるサプリメント

筋トレ系スナックの紹介