パワーラック完全ガイド

狭い部屋にホームジムを構築する方法

狭い部屋にパワーラックを奥のは無理

部屋が狭いけどどうしても自宅にホームジム環境を整えたい、という方は多いはずです。実際私もそうでした。部屋の寸法を測ってみるとまずパワーラックを設置するのは無理であることがわかるでしょう。

部屋の横幅最低2mプラスα

それは、ストレートバーの長さが2mでないと使えないパワーラックが多いからです。ファイティングロードなどの安いパワーラックの場合はサイズがやや小さく、1.8mのストレートバーが使える場合もあるので、部屋の横幅1.8mにギリギリプレートの着脱ができるスペースがあればまだパワーラックを置ける可能性はあります。

天井高

パワーラックの高さは大体2m10cmくらいの高さになっています。多くのマンションの場合天井高は2.3m前後ですが、壁際の天井にはには中にパイプが走っていたり鉄骨の柱が入っていて天井高が下がっている部分があります。
狭い部屋にホームジムを構築する方法
これが邪魔でパワーラックを壁ギリギリに設置出来ないことがあります。写真は私の家ですが、もっと張り出した梁がある部屋もあります。これはかなり薄いほうですね。

パワーラックはほとんどの場合壁に近づけるように置くのがデッドスペースをなくすコツですが、上記のような梁があると梁までの高さが2m以下になってしまうこともあるためパワーラックと壁の間に梁の厚みだけデッドスペースができてしまいます。ここを有効活用できればよいですが、そもそも部屋が狭いので、パワーラックとアジャスタブルベンチを置くと部屋ギリギリになってしまうはずです。

パワーラック実寸より実はさらに奥行きが必要

またアジャスタブルベンチはパワーラックから取り出すようにしてどかさないとデッドリフト、スクワット、チンニングができませんので、そのスペースも確保する必要があります。

デッドリフトやチンニングをするときはこうしてラックの外にベンチを移動します。これがパワーラックだったらもっと外に出さなければいけません。

こう考えるとパワーラックを狭い部屋に無理やり詰め込むことが困難であることがわかるでしょう。

ハーフラックにしてスペースを確保する

まず考えられるのは、ハーフラックにすることです。パワーラックの体積の半分で済みます。土台部分の柱の長さも短いのでパワーラックは置けないけどハーフラックなら置ける、という場合はかなりあります。
ハーフラック
これは私の自宅のパワーテック社のハーフラックです。ベンチプレス、デッドリフト、スクワット、チンニング等ジム同等レベルの筋トレが可能で、本体は450kgまで耐えられます。
ただし、高さはパワーラック同様2m以上必要なので注意しましょう。ストレートバーも2mのものが必要になります。

しかし奥行きはパワーラックの半分程度で済みまし、部屋の圧迫感が何より違います。狭いホームジムを作る場合はハーフラックがベストチョイスになるはずです。
⇒おすすめハーフラックについての解説はこちら
⇒私の狭いホームジム構築レポートはこちら

ちなみに人気筋トレYoutuberのコアラ小嵐さんは私と同じパワーテックのハーフラックの黄色を使っています。あれだけガチな人もハーフラックを使用しているのですが、やはり決めては部屋の狭さと器具自体の信頼性だったそうです。

パワーテックのハーフラックの詳細と販売ページ送料無料、ゴールドジム直営ショップで安心

筋トレメニューを制限してジム器具も制限する

最終的には、パワーラックを諦めてベンチプレス用のプレスベンチを考えることです。究極はフラットベンチとダンベルだけの筋トレとなりますが、それならジムに行ったほうがイイです。ストレートバーによるベンチプレスやデッドリフトなら、プレスベンチだけで十分できます。ただしこの場合バーベルスクワットとチンニングを諦める必要がありますが・・・。

個人的にバーベルスクワットはほとんどしないので、究極この形でもホームジムとして何とか実現できるかなと思っています。チンニングができないのはかなり痛いですが、これは公園のチンニングバーを利用してやれば解消できるかもしれません。幸いにも近所の公園に遊具がある場合、かなりの確率でチンニングバーがあるので私は我慢しろと言われたら我慢できるかもしれません。

狭い部屋のホームジムは妥協との戦い

そもそも論ですが、マンションなどの共同住宅で騒音を発する高重量トレーニングは控えるべきです。出来る限り騒音を発しないように心がけているホームトレーニーがほとんどだと思いますが、ジムならホームジムほど騒音を気にしなくて良い場合がほとんどでしょう。このようにパワーラック一式を置ける場合においてもホームジムは妥協して無理な高重量は扱わず、ウエイトコントロールに徹する場合があり、ここで妥協が出てきます。

パワーラックを置けなければハーフラック、それも無理ならプレスベンチ、それも無理ならフラットベンチ・・・というようにジムそのものを持ち込むことはできないので、やはり妥協を重ねていくしかないわけです。

常に完璧を求めず、今の環境で出来る限りの環境を整えることが重要です。

パワーテックのハーフラックについて詳しく解説したページはこちら
私のホームジムを作り上げるまでのレポートはこちら(ハーフラック使用)

お薦め&厳選パワーラック

筋肉をつける食事

筋肉をつけるサプリメント

筋トレ系スナックの紹介