買ったからお薦めできるパワーラックを紹介

「パワーラック完全ガイド」は今まで3台のラック2台のプレスベンチを購入した私の経験をもとに運営しています。
【1回目】プレスベンチ(ベンチプレス以外興味がなかった頃)
【2回目】ハーフラック(本格的にホームジムを作り始める)
【3回目】パワーラック(高重量トレーニングをし始めて買い替え)
【4回目】プレスベンチ(引っ越しでホームジム縮小、24時間ジムに通う)
【5回目】ハーフラック(やはりちゃんとした筋トレがしたくて購入、現在に至る)
と試行錯誤し、自宅トレーニングを続けている管理人が本当にお薦めするパワーラック、ハーフラックを解説、紹介しています。 実際に何台も筋トレ器具、バーベル、プレートを買った私の経験が、あなたのホームジム構築の参考になれば幸いです。

狭い部屋にもOK!省スペース・ハーフラック

ハーフラック狭い部屋にも圧迫感なく置けるハーフラック
実際に私がマンションの4.5畳の部屋に置いて使用した経験があるハーフラックの省スペース性とパワーラックと遜色なく使える使用感を解説します。パワーラックを置きたいけど部屋が狭い、圧迫感がありそうで迷っている方はぜひこちらを読んでハーフラックを検討してください。

耐久性・操作性抜群の業務用パワーラック(ジム経営にも)

業務用パワーラックプライベートジムや本格的なホームジムも対応!業務用パワーラック
プライベートジムのための安全性・安定性の高いお薦め業務用パワーラックを紹介。初期コストを削減し日々の業務を効率化できるパワーラックに厳選し、お洒落であることも重視。もちろんホームジムとして購入もできる範囲かつお洒落にホームジム構築が可能です。

【一式セット】お薦めパワーラックセット(激安~業務用まで)

お薦めパワーラックセットパワーラックからプレートまで一式すべて揃えたい方
これからホームジム用に筋トレ器具一式を揃えたい方向けのパワーラックセットを、激安パワーラックメーカーからプロ仕様の業務用パワーラックメーカーまでご紹介します。プレートやバー、ベンチ、さらにはケーブルマシンまで付属するセットを解説しています。

ホームジムでパワーラックを買うメリット

  • ジムへの移動時間ゼロ(往復30分、30日で18時間の時間の節約)
  • マシンの待ち時間ゼロ
  • 他人が気にならなくなる(お喋りや奇声など)
  • 自分の自由な時間に筋トレ可能
  • 筋トレの合間、筋トレ直後にサプリ摂取が可能
  • 1回10分15分でも時間があればすぐ筋トレができる
  • ジムが徒歩圏内にない場合は自宅に作れてしまう

私のホームジム構築と筋トレの考え方

今まで5回ホームジムの筋トレ器具を買い替えてきました。最新のハーフラックを設置したときの床材設置からハーフラックの組み立てまでをレポートしていますので、これからホームジム構築を考えている方は参考にしてみてください。

私はホームジムのみで筋トレするようになりましたが、基本は高重量を無理して扱わないことにしています。理由は3RMくらいの重量でやるとすればラックにバーを戻すときの衝撃音や力尽きてしまったときのセーフティーへの落下音が近所迷惑になるからです。

また、最近はフィジーク選手などが完璧にコントロールできるウエイトで確実に効かせる筋トレを行い、ケガ防止にもなっていると話していることをよく聞くからです。そんな彼らのカラダは当然私よりも大きくまた絞れていて、無理をすることはやめました。

コツコツ限界を突破していくような人生を見据えるほどロングスパンで筋トレと筋肉の成長を考えるようになりました。

そして筋トレ器具もすべてそれなりのもので揃え、ホームジムもキレイに整えて、お洒落に、安全に筋トレを自宅でできる環境を整えています。やはり気持ちよく居心地の良い環境を自分で作れるのがホームシムの大きなメリットのひとつでもあります。

これからパワーラックなどを導入し、ホームジムを作る方の参考になれば幸いです。

5台の筋トレ器具の買い替え変遷について

1台目|プレスベンチ(ボディメーカー)

まずはジムに行く時間がないほど忙しかったため4.5畳の洋室にボディメーカーのプレスベンチ(既に廃盤)を購入したのが最初です。ストレートバーは1.8mのIVANKO、プレートは28mmのIVANKOラバープレートで揃えました。

次第に満足できなくなり、買い換えることになります。いつかまたどこかで活用時期が来ると思い、プレスベンチは取ってありましたが、結局引っ越しの際に粗大ごみとして捨てました。

2台目|ハーフラック(パワーテック)

全身の筋トレがしたいと思って導入したのがパワーテックのハーフラックでした。省スペースで使いやすく、4.5畳の部屋でも置くことができました。

しかしストレートバーが1.8mでは使えなかったため2mのIVANKOを追加で購入しました。その後アイロテックのEZバーも購入し、さらにそこにつけっぱなしにするIVANKOラバープレート60kgを追加購入しました。

そして引っ越しの際にハーフラック、シャフト、プレートすべてをヤフオクで売却しました。かなり高く売れるので驚きました。すべて自宅まで取りに来てもらい、手間は解体と下まで持っていくことだけでした。

このとき、高価な筋トレ器具は資産であることに気づきました。不要になったときは新品価格より少し安いくらいで売れるとは想像もできませんでしたから。

3台目|パワーラック(パワーテック)

引っ越しをしてから暫くジムに行っていました。そのために引っ越し前に筋トレ器具一式をすべて売り払ったのです。しかしジムに行く時間がなくなってしまい、また改めてパワーテックのパワーラックを買うことになりました。

部屋が広くなったことも合ってパワーラックは6畳の部屋に設置することができました。毎日好きな時間に筋トレができる便利さを改めて気づくことになります。

そしてさらにまた引っ越しをします。次は部屋数が物理的に少なくなってしまいホームジム構築が難しいと判断し、またパワーラック一式をヤフオクで売却しました。このときも驚くほど高く売れて、正直損したと感じることはありませんでした。逆にコスパが良いくらいです。

4台目|プレスベンチ(ファイティングロード)

暫くは流行りだした24時間ジムのエニタイムフィットネスに通っていましたが次第に会員数が増え、会社の後や会社の前の時間で思うように筋トレができなくなりストレスが大きくなっていきました。同時にジムに行ける時間が限られてきたためまたホームジムを考え始めます。

そこであまり大型ではないものを入れて筋トレももう縮小していこうと買ったのがファイティングロードのプレスベンチでした。作りはボディメーカーと同じだったので組み立ても筋トレも問題なくできました。

しかし間違えたのが安物のペイントプレートでした。プレートがぶつかる音がうるさすぎてホームジムには向かないことを悟りました。そこで寝室とジムとして使い始めた小さい部屋を入れ替えてハーフラック導入を計画し始めました。

寝るだけであれば寝室はもう少し狭いほうの部屋で良いだろう、というわけです。小さい部屋のほうが窓がふたつあり明るかったのも変えてよかったと思えることです。ホームジムは暗くても問題ないですからね。

5台目|現在:ハーフラック(パワーテック)

そして寝室だった6畳の部屋にハーフラックを設置しました。広々していてハーフラックなら空間的にも余裕を持って置けました。同社のパワーラックを同じような6畳の部屋に置いたことがある経験から言うと、やはりハーフラックのほうが圧迫感がなくハーフラックを選んで正解だったと思います。

8畳以上の部屋であればパワーラックでも問題ないですし、むしろハーフラックよりも安全性が高いパワーラックを断然おすすめしますが、6畳以下の狭い部屋ならハーフラック一択と皆さんにも自信を持っておすすめします。

ファイティングロードのプレスベンチ、プレート、シャフトはすべて粗大ごみで捨てました。たまたまベンチプレスセットで2000円という粗大ごみ改修費用で何十キロでもプレートを回収してくれたので便利でした。

そして久しぶりにチンニングができたことがとても嬉しかったです。特にハーフラックはブラックカラーを特注したのでホームジムの見栄えも最高にできたと思います。現在のホームジム構築のレポートもあるので読んでみてくださいね。

パワーラック、ハーフラックをフィットネスショップで買い続ける理由

高品質で価格が安い大元のネット通販ショップ

パワーテックやタフスタッフなど、10万~20万円という低価格で本格的なブランドのパワーラックが買えるところです。ここが一番のメリットだと感じています。

パワーラックやスクワットラックなど、もっと高い40万円以上するものも日本メーカーや海外メーカーにもありますが、正直個人が手を出せる価格帯を軽く超えていますよね。そもそも20万円ほどのタフスタッフですら高いと感じるのが個人消費者の金銭感覚だと思います。

そう考えると、価格的にはギリギリ買えるレベルで品質はとても高く、しかもジムでも導入されているメーカーが日本で買えるのは本当に素晴らしいわけです。

ショップスタッフの対応が素晴らしい

基本的にメールでのやり取りになりますが、何度も注文し、その中でいくつかのわがままも聞いてもらえました。この対応が素晴らしいのです。例えばパワーラックが入荷するまでアジャストベンチの発送を待ってもらうなど。実際1ヶ月ほど保管してもらえました。当然支払いはクレジットカードで先払いですよ。

そして今使っているハーフラックは元々フィットネスショップでは黄色しか扱っていないのですが、アメリカへ黒を送るように指示してくれて黒を買うことができました。費用は黄色と変わりません。これもスタッフの対応のおかげです。

また何か不明点があれば電話で問い合わせることも可能です。土日祝日は専門スタッフが休みになってしまいますが平日であれば対応してくれるでしょう。

日本で組み立て検品してから出荷される

さらに届いたパワーラック、ハーフラック、ベンチ、その他高級マシン等はすべて日本に届いた時点で検品し組み立てて問題ないことが確認されてから私たちの元に届けられます。こんなことまでするネット通販ショップはなかなかないですよ。

これは個人使用だけでなく事業としてプライベートジム、パーソナルジムを開業する人たちにも安心できる部分だと思います。常に親身になって細かく対応してくれるのでとても助かっていますしそう感じている人も多いと思います。