パワーラック完全ガイド

パワーラックの処分・売却・買取方法(4回経験済み)

パワーラックが不要になったら意外と簡単に売却できる

私はこれまで5回ホームジムを作り、引っ越しやパワーラック本体の買い替えなどで過去4回パワーラック、プレスベンチ、プレート、ストレートバーなどすべてを処分した経験があります。

何らかの理由でパワーラックが置けなくなったら、売却するのがお薦めです。そして私がいつもお薦めしているメーカー、タフスタッフとパワーテックのパワーラックやハーフラックやベンチ、IVANKOのプレートやストレーバーなら高額で売却できるのでリセールバリューがとても良いです。

売却先はヤフオク、メルカリ、ラクマです。

売ればほとんど無料で筋トレできる計算に

タフスタッフやパワーテックはホームジム器具としてはとても有名なメーカーで、中古市場でもあまり価値が下がりません。格安パワーラックは安くしても買い手がつかないほど価値が低いので、ホームジムを作る際は売却時にも高く売れるタフスタッフやパワーテックのパワーラックとベンチを買うようにお薦めしています。

商品自体が良いからだけでなく、売却時に価値のあるものを実体験をもとにご紹介しているので安心して購入してくださいね。

タフスタッフやパワーテックのパワーラックは状態にもよりますが、9~15万円ほどで売却できます。この際、基本的に引き取りに来てくれる人限定で売却できます。配送料が高くなるので、郵送してほしい場合は交渉して配送料は別途もらいましょう。

タフスタッフのパワーラックは20万円ほど。これが15万円前後で売却できます。5万円で筋トレができると考えると激安なんです。仮に3年間使ったとしても1ヶ月1,400円以下です。月額7,000円前後のジムに通うことを考えるとホームジムのコスパの良さがここでわかると思います。

IVANKOのプレートも20kgが12,000円ほどですが、1万円前後で売却できるんです。正直、部屋があればジムに通わず皆ホームジムを作るべき・・・とさえ私は思っています。

というわけで、パワーラックや筋トレ器具処分したい場合ははまず最初に良いブランドのもので揃えて、不要になったら中古で売却がお薦めです。

粗大ごみで処分する

筋トレ器具は大小関わらず、筋トレ器具として粗大ごみで処分することが可能です。その際は自治体によって違うものの、私の住んでいる自治体では筋トレ器具一式としてプレートまで一括処分ができました。費用も数千円だったと思います。

なぜ粗大ごみで処分したかというと、使っていたのが今はなきボディメーカーのプレスベンチと、アイロテックのプレスベンチ、プレートも安いアイロテックだったからです。これらは売却に時間がかかり、そこまでの金額にならず、売れるまで待つ時間がもったいなかった、取引の手間も掛けたくなかったので即処分しました。

粗大ごみは自分で搬出するのが手間ではありますが、処分したいと思ったその場で粗大ごみ置き場に持っていけば家からパワーラックや筋トレ器具をすべて持ち出せるのでお薦めです。