パワーラック完全ガイド

お薦めアジャスタブルベンチ

アジャスタブルベンチがパワーラックの可能性を最大限に引き出す

パワーラック、ハーフラックを買うならフラットベンチではなく、角度がつけられるアジャスタブルベンチを買いましょう。インクラインベンチ、デクラインベンチ、さらには90度直角にまで角度をつけられるので筋トレの幅が広がり、ジムに通っていたときと同等の筋トレがホームジムで可能になります。

価格はフラットベンチの倍近くしますが、応用がきいてホームジムで一生涯筋トレできると感じられる必須の筋トレ器具だと実感しています。

ちなみに私はベンチプレスはフラットはやらずインクラインベンチプレスだけやっていて、アジャスタブルベンチを買ってよかったなぁと改めて感じているところです。

アジャスタブルベンチの購入で気をつける「耐荷重量」

アジャスタブルベンチ購入に最も注目すべきは、「耐荷重量の最大値」です。安いアジャスタブルベンチは最大で100kgまでしかサポートしていない商品もあります。これは死も覚悟すべき重量です。詳しく見ていきましょう。

例えばALEXのアジャスタブルベンチは価格も手頃で多くのショップで扱っていますが、耐荷重量は100kgまで。商品説明では体重を除いたウエイトのような表記になっていますが、たった100kg程度しかサポートしないというのは安全面を考えると購入できないでしょう。数年間真面目に筋トレと栄養摂取を続けていればベンチプレスで100kg以上扱うことは珍しくないはずです。

なので、安くても耐荷重量が低すぎるアジャスタブルベンチは絶対に選んではだめです。下手したら死にます。

お薦めのアジャスタブルベンチはタフスタッフ

・サイズ:幅69×奥行145×高さ127cm
・最大荷重制限:363kg
・本体重量:41kg
・115,500円(税込)

ジムで使われるプロユースのタフスタッフのアジャスタブルベンチが最高に良い出来となっています。360kg以上に耐えられる強靭な素材と作りが特徴。そもそも個人宅で360kgもベンチに負荷がかかることはまずあり得ないですが、それだけ安全性の高い作りであること、日々大人数が使い数万回負荷がかかる公共のジムでも採用されるタフスタッフは信頼性が他社とはまったく違います。

デクラインは-14度まで、インクラインは84度までつけられます。

肩甲骨を寄せて当てるパッド部分は絶妙な細さになっていてベンチプレスもしっかりしたフォームで行えます。公共のジムでも採用されるため個人宅のホームジムで使うなら最高峰のアジャスタブルベンチと胸を張ってお薦めできる器材です。

タフスタッフ アジャスタブルベンチの詳細と販売ページ送料無料、ゴールドジム直営ショップで安心

安全性と値段のバランスが良いパワーテックもお薦め

・サイズ:奥132×幅68×高119cm(※フラット時の高さ45cm)
・最大荷重制限:270kg
・本体重量:32kg
・77,000円(税込)

背部:-14、2、11、22、33、44、56、70度の8段階
座面部:0、-7、-14、-21度の4段階

最大荷重制限270kgまでと強靭なアジャスタブルベンチです。このサイトを運営していて特に人気が高いのがパワーテックのハーフラックです。それとセットで購入されるのが同ブランドのアジャスタブルベンチで、黒い本体はカッコいいホームジムにぴったり。さらに安全性が確保されていて安めの価格設定もあってかなり売れています。

私は2回パワーテック製品一式を揃えているのですが、やはりパワーテックのアジャスタブルベンチは安定感があって使いやすいです。

パワーテック アジャスタブルベンチの詳細と販売ページ送料無料、ゴールドジム直営ショップで安心

命を預けるアジャスタブルベンチは安全性第一で選んで

個人使用・不特定多数使用でも安くて悪いものは駄目

格安アジャスタブルベンチもありますが耐久性が疑われます。会員制のプライベートジムなどでも複数人が毎日アジャスタブルベンチに負荷を掛けていくので、耐摩耗性などに関しても格安アジャスタブルベンチを導入するのは顧客の安全性を考えても選択肢にないと考えています。

ホームジムでさえこの程度の安全性を考慮して買うべきだと思っているので、命を預けるベンチはそれなりのものを使うべきでしょう。

ゴールドジムの安心組み立て検品が信頼性抜群

タフスタッフもパワーテックもゴールドジムの運営会社であるthink fitnessのショップが輸入販売しています。その際は発送前に専門スタッフが一度組み立て検品して問題がないことを確認するため、部品欠品がなく安全性や商品欠陥もない状態で届きます。格安器具ではこれはあり得ないことなので安心して購入してくださいね。

お薦め&厳選パワーラック

筋肉をつける食事

筋肉をつけるサプリメント

筋トレ系スナックの紹介