1. パワーラック >
  2. パワーラックについて >
  3. パワーラックの選び方

自宅でどんな筋トレがしたい?
パワーラックの選び方

そこまで高重量を扱わないと思う方

自宅での筋トレだし、別にアスリートではないからそこまで高重量を扱わない、とりあえず自宅でジムと同レベルの筋トレができる環境を作って筋トレがしたい、という方は格安パワーラックと格安プレートなどを揃えていきましょう。

安いパワーラックでも安全性は確保されています。スクワットやデッドリフトなどで高重量を扱わないのであれば安いパワーラックでも十分です。将来的にスクワット100kg以上でやる場合でも問題なく壊れることはありません。

格安パワーラックの解説記事があるので納得いくようでしたら購入しましょう。ちなみにこのブランドは私が2台目のプレスベンチを購入したメーカーでもあるので品質に問題ないことは体感済みです。

本格的な筋トレを安全に行いたい

自宅でもデッドリフト180kgやスクワット160kgくらいはやりたい、という方はパワーテックかタフスタッフのパワーラックが断然お薦めです。低価格パワーラックでも200kgまでは耐えられますがバーの落下時の重量は実際のウエイトよりも衝撃が強く高負荷がかかるためできれば安全性のより高いブランドを選ぶ必要があります。

パワーテックは価格が手頃でカラーやデザインがオシャレです。私は2台購入していてシンプルで場所もとらずお薦めです。安定感もバッチリです。自宅に置いても違和感なくクールなホームジムを構築できます。
⇒パワーテックの解説

タフスタッフは実際にジムで使っていたので一度使うと病みつきになる利便性がお薦め。セーフティーバーやラックなどの高さ変更は秒速でできる上に、パワーラック自体はとても丈夫です。個人宅で使用するパワーラックとしては最高峰の品質を誇ります。
⇒タフスタッフの解説

部屋が狭いから小さいパワーラックを選びたい

パワーラックは想像以上に面積と体積を必要とします。そのため部屋が狭い人がパワーラックを選ぶのはおすすめできません。

私は4.5畳の部屋にパワーラックが置けないことがわかり、代わりにハーフラック購入し大正解でした。狭くても空間圧迫感がないだけで過ごしやすいですし、箱型のパワーラックとは違い、鳥居型のハーフラックはそれ自体が軽量で床の耐久性を考えてもおすすめしたいですね。
⇒タフスタッフのハーフラックの解説

とりあえずデザイン性の高いパワーラックが欲しい

これは個人宅のホームジムでもそうですが、それ以上に業務用のプライベートジム開業の際に重要視される部分ですね。個人的にはパワーテック一択でそれ以外はまず眼中にない、と思っています。まずは見た目が良いことです。

安全性の高い頑丈な作りになっているため480kgまで耐えられるため多くの人立ちが毎日使う酷使する状況にも耐えられます。まずは顧客の安全性を考えるとこのレベルが最低条件でしょう。

さらにカラーがブラックというのもクールで高級感を得られる部分ですね。パワーラックはデフォルトでブラックが日本で発売されていますが、ハーフラックもオーダーすればブラックを取り寄せてくれますので狭いテナントの場合はハーフラックを黒で個別注文することをお薦めします。

ダークトーンのインテリアデザインでまとめればプライベートジムの空間は引き締まって高級感を出すことができます。それがたった10万円ちょっとで可能なのです。他にもヨーロッパ系の超高級筋トレ器具メーカーもありますが、同程度のスペックで価格が3倍以上変わってきます。

安定した顧客が着くか不透明なプライベートジムの場合は最初のコストはできる限り抑えるべきでしょう。そしてタフスタッフはほぼ半永久的にプライベートジムで活躍し続けます。コスパ最高で見た目も良いため、当サイトからとにかく売れまくっています。
⇒パワーテックのパワーラック