パワーラックの耐荷重量と耐久性

パワーラック

パワーラックの耐荷重量と耐久性

パワーラックパワーラックについて

耐荷重量とは

耐荷重量とは、そのパワーラックがどれくらいの重量がかかっても大丈夫な範囲の目安重量です。

例えば耐荷重量200kgと書かれていれば、バーベル200kgがパワーラックに掛かっても大丈夫、ということです。

実際にはガシャンとバーベルを落とした時の最大瞬間重量はバーベル以上の重量がかかることがあるため、余裕を持った耐荷重量のパワーラックを選ぶ必要があります。

どれくらいの耐荷重量を選べばよいか

自宅でどの程度のウエイトを使うのかが重要です。スクワットもベンチプレスもどちらもそんなに高重量ではやらず、120kg前後が最大重量なのであれば、どのメーカーのパワーラックでもほぼ安全に使える範囲内と言えます。

しかしスクワットなどで160kg以上をやりたい、という方はできるだけ耐荷重量の高いパワーラックを選んでおいたほうがよいでしょう。では格安パワーラックのボディメーカーやファイティングロードの製品が160kg程度で壊れるのか、というとないとは言えませんが現実的に考えるとあり得ないかなと思います。ただしそこまでハードな使い方を想定していないのでラックアウトしたときにパワーラック自体が倒れそうになるなど危険ではあると思います。

バーベルを下ろすときはゆっくりと

ホームジムに設置すると仮定して普通に考えると、バーがラックやセーフティーに落下するとマンションなどの集合住宅の場合騒音問題がかなり露呈してくるため、下ろすときはほぼ確実にゆっくりと音をさせないようにする人がほとんどでしょう。

そう考えると、衝撃でパワーラックが傷んでくるというのも何千回でそんなるのかな、という印象を持ちます。格安だからすぐ壊れることはないと思いますが、できればしっかり耐荷重量を記載しているメーカーのものを選んでおいたほうがあとあと安心です。

チンニングバーの耐荷重量

パワーラック全体では200kgや400kgという耐荷重量がありますが、チンニングバーやディップススタンドなどは別の耐荷重量が設定されています。これらはボルトで止められているだけなので当然パワーラック本体の耐荷重量を遥かに下回ります。

だいたい100kg~180kgまでの耐荷重量が多いです。体重に加えて20kgプレートをつけてチンニングする場合なども想定してチンニングバーなどの耐荷重量をチェックしておきましょう。

パワーラックは安かろう悪かろうがそのまま反映される

パワーラックのスペックと価格をトップページで比較していますので参考にしてください。

パワーラックの製品群は、価格がピンキリで高いものと2万円程度の激安パワーラックまでさまざまですが、基本的に安かろう悪かろうの世界です。トップページの比較表を見ると実感できるでしょう。

安いパワーラックは当然耐荷重量は低く設定されています。もし高重量のスクワットやハーフデッドをやる場合は安全性と使いやすさを考えて著名で高いパワーラックを使うのがお薦めです。特に自宅で筋トレしているときに助けられる人は普通いないので、パワーラックに関しても自分の身は自分で守らなければいけません。

管理人おすすめのパワーラック

TUFFSTUFFパワーラック
199,800円(税込)送料無料
ラック、セーフティーバーがパワーラック内から秒速で高さ調節可能。
大手ジムで採用されているトップクラスの安全性も安心できます。価格も20万円を切るため、本格的なホームジムを作る方にお薦め。
当然プライベートジム経営者の方も選択肢の中の有力候補のひとつになるはずです。特にケーブルなどのアタッチメントが非常に豊富で作りが良いことも一台ですべての筋トレを網羅できるタフスタッフパワーラックのメリットです。
タフスタッフの優れた安全性と効率よく筋トレできる構造の詳細を確認してみてください。
タフスタッフを詳しく見る

パワーラックを買う前に

パワーラックを選ぶ

業務用筋トレ器具

パワーラックメーカーの解説

パワーラックでできる筋トレ例