パワーラックにお薦めのバーベルバー

パワーラックを使う上で重要なのは耐久性とサイズです。パワーラックの中に入ってトレーニングをするため当然パワーラックの幅を超えるバーの長さが必要になります。基本的には2mのバーが必要になります。

またスクワットで高重量を扱う際にはスタンダードシャフトではなくオリンピックシャフトを扱う必要があります。特に250kg以上を扱う場合はオリンピックシャフトを考えてみてください。

2m以上のスタンダードシャフト


28mmスタンダードシャフト

サイズ:全長2070mm、内側サイズ1330mm、φ28mm
重量:10kg 耐久重量:MAX160kg
価格:12,960 円

スタンダードシャフトの場合も2m以上のシャフトが必要となる場合があります。パワーラックのサイズによっては1.8mのスタンダードシャフトでも利用できる可能性がありますが、基本的に2mを考えておいたほうが確実でしょう。
耐久重量が160kgまでなので、スクワットなどでさらにウエイトを扱う場合は450kgまで対応しているオリンピックシャフトを利用しましょう。
ちなみに管理人はこの160kgまでのスタシャで十分なのでこれを使っています。

2m以上の高重量対応オリンピックシャフト



50mmオリンピックシャフト

サイズ:全長2200mm、内側サイズ1350mm、φ50mm
重量:20kg 耐久重量:MAX450kg
価格:99,750円

価格は高いですがやはりIVANKOのオリンピックシャフトがお薦めです。世界中のジムでも使われている安心のシャフトとなっています。
450kgまで使えるので耐久性は抜群です。クロームメッキで仕上げていないのは耐久性をさらに高めるためだそうです。メッキ仕上げをすることで耐久性が落ちてしまうのだとか。
また、高級バーの場合バーの直線性がとても高く精度が一般のものとは違うことも特徴です。

損しない、おすすめパワーラックはこちら!

タフスタッフのパワーラック
ジムでも業務用パワーラックとして採用されることが多いタフスタッフのパワーラック。個人で買うには価格がやや高めですが、堅牢性・安全性・使いやすさを考えると最高のパワーラックです。Youtuberのサイヤマングレートさんもホームジムで使っています。

パワーテックのパワーラック
他にはない黒いフレームが特徴的。450kgまで耐えられるため業務用にも採用されています。私が最初に購入したパワーラックがこのパワーテックです。チンニングバーとディップスバーがついてくるのが嬉しいですね。オシャレなホームジムを作りたい方にお薦め。売却時も高く売れるので損することはないでしょう。