パワーラックにお薦めのバーベルシャフト

パワーラック

パワーラックにお薦めのバーベルシャフト

パワーラックお薦めパワーラック

パワーラックを使う上で重要なのは耐久性とサイズです。パワーラックの中に入ってトレーニングをするため当然パワーラックの幅を超えるバーの長さが必要になります。基本的には2mのバーが必要になります。

またスクワットで高重量を扱う際にはスタンダードシャフトではなくオリンピックシャフトを扱う必要があります。特に250kg以上を扱う場合はオリンピックシャフトを考えてみてください。

2m以上のスタンダードシャフト


サイズ:全長2070mm、内側サイズ1330mm、φ28mm
重量:10kg 耐久重量:MAX160kg
価格:10,500円

スタンダードシャフトの場合も2m以上のシャフトが必要となる場合があります。パワーラックのサイズによっては1.8mのスタンダードシャフトでも利用できる可能性がありますが、基本的に2mを考えておいたほうが確実でしょう。
耐久重量が160kgまでなので、スクワットなどでさらにウエイトを扱う場合は450kgまで対応しているオリンピックシャフトを利用しましょう。
ちなみに管理人はこの160kgまでのスタシャで十分なのでこれを使っています。

2m以上の高重量対応オリンピックシャフト


サイズ:全長2200mm、内側サイズ1350mm、φ50mm
重量:20kg 耐久重量:MAX450kg
価格:99,750円

価格は高いですがやはりIVANKOのオリンピックシャフトがお薦めです。世界中のジムでも使われている安心のシャフトとなっています。
450kgまで使えるので耐久性は抜群です。クロームメッキで仕上げていないのは耐久性をさらに高めるためだそうです。メッキ仕上げをすることで耐久性が落ちてしまうのだとか。
また、高級バーの場合バーの直線性がとても高く精度が一般のものとは違うことも特徴です。

スタシャとオリンピックシャフトどちらを選ぶか

スタシャとオリシャのどちらを選ぶか、ここはかなり迷うはずです。
価格面ではオリシャを選んでしまうとプレートも高くなるのであとあと苦しくなります。コスト面では確実にスタシャを選ぶべきです。

しかしスクワット、デッドリフトで200kgは扱うという場合はオリシャを考えていく必要もあるでしょう。単純にバーベルシャフトの太さは耐久性に直結しますので、1RMが200kgを軽く超える場合はオリシャを選び、200kg以下であればスタシャで十分です。

このことから基本的にはスタシャで一生筋トレができる人がほとんどです。特にIVANKOのバーベルシャフトを選んでおけば折れることもまず心配しなくてよいでしょう。

管理人おすすめのパワーラック

TUFFSTUFFパワーラック
199,800円(税込)送料無料
ラック、セーフティーバーがパワーラック内から秒速で高さ調節可能。
大手ジムで採用されているトップクラスの安全性も安心できます。価格も20万円を切るため、本格的なホームジムを作る方にお薦め。
当然プライベートジム経営者の方も選択肢の中の有力候補のひとつになるはずです。特にケーブルなどのアタッチメントが非常に豊富で作りが良いことも一台ですべての筋トレを網羅できるタフスタッフパワーラックのメリットです。
タフスタッフの優れた安全性と効率よく筋トレできる構造の詳細を確認してみてください。
タフスタッフを詳しく見る

パワーラックを買う前に

パワーラックを選ぶ

業務用筋トレ器具

パワーラックメーカーの解説

パワーラックでできる筋トレ例