パワーラック完全ガイド

ベンチプレスはセーフティーバー必須、ならパワーラックでいいかなという話

ホームジムでプレスベンチを2台購入した経験

私はこれまでに2台のベンチプレス専用のプレスベンチを購入してホームジムで使ってきました。購入の決め手は省スペースでありながら自宅で好きなときに好きなだけベンチプレスができるからでした。

しかし満足できるレベルの重量でベンチプレスをするには安全性を考えるとセーフティーバーが必要になります。私は2回ともセーフティーバーなしで使用しており、いつ怪我をするかもしれない不安感とともに筋トレしていました。

プレスベンチとセーフティーバーの構成

これは私が実際に使っていたファイティングロードのプレスベンチです。安定性があり、シンプルで見た目も良く低価格でお薦めです。実はこれとまったく同じ形のボディメーカーのプレスベンチが初めて買ったホームジム器具でした。

このような安いプレスベンチには基本的にセーフティーバーがついていません。ベンチプレスをするだけなら良いですが、自宅でひとりで安全に、というとそうはいきませんよね。

そのため、セーフティーバーは別途購入してプレスベンチの両サイドに置く必要がありました。

プレスベンチがシンプルでとても良いデザインでしたが、セーフティーバーを設置するとどうもゴチャゴチャして見た目が良くない・・・。これならセーフティーバーは置かないほうが良いかも、と思ってしまい結局プレスベンチだけで筋トレをして、結局タフスタッフのパワーラックに買い替えました。

邪魔くさいセーフティーバーを使うならパワーラックにしよう・・・と。

プレスベンチの両サイドにセーフティーバーを置くのがどうしても許せなかったんですよね。なら全てが揃うパワーラックに買い替えてしまおう!と思ったのです。

パワーラックならバーベルのラックとセーフティーバーがセットになっていて横に出っ張ることもなく、またインクラインベンチプレスやショルダープレスも出来るようになる上にチンニングもできてホームジム環境がさらに充実しますよね。

安全性と筋トレの幅がジムレベルになるのがパワーラックです。スペースはプレスベンチよりも断然必要になりますが、ホームジムの筋トレ充実度は比較にならないほど向上しました。

もし部屋が狭い場合は省スペースでパワーラック並みの筋トレができるハーフラックがお薦めです。現在私が使っているのがパワーテックのハーフラックです。
ハーフラック
現在は6畳の洋室に設置してホームジムを構築しています。ハーフラックはパワーラックよりも価格が抑えられる上に省スペースなのでほとんどの方にお薦めできます。私が今の家にハーフラックを設置するまでの過程もご覧ください。

プレスベンチを買うならパワーラックかハーフラックを

セーフティーバー一体型の競技向けのようなプレスベンチもありますが、価格が10万円以上するものが多く、それならパワーラックかハーフラックを購入したほうが筋トレの幅が圧倒的に広がるため、最初からこれらの購入をお薦めします。

ベンチプレスだけをやれれば良いということであれば、タフスタッフから15万円のプロ仕様プレスベンチがあります。

安全性はお墨付き、使いやすさも公共のジムで使われるほどなので安心です。ただし価格が高い・・・。

プレスベンチに関してはお薦めできるものに絞って別途解説していきますので、プレスベンチだけで十分というベンチプレッサーの方はご一読頂ければと思います。

お薦め&厳選パワーラック

筋肉をつける食事

筋肉をつけるサプリメント

筋トレ系スナックの紹介