パワーラックは外に置かないほうが良い

外ではパワーラックが錆び始める

室内にパワーラックを置くことが出来ないから屋外に置く事はできるかどうか、ということですが、基本的にパワーラックは室内で使うことを前提に作られているため、雨などで錆び始めます。

野ざらしにすれば一気に錆びますので気をつけてください。

屋根のある屋外にパワーラックを置く

屋根が有り直接雨が当たらない場所にパワーラックを置く場合も湿気と風によって酸化も進みサビてきます。

結局屋外に置くことを想定していないため、故障の原因になり得てしまうのできをつけてください。

屋外にパワーラックほ置く場合の手入れ

基本的に雨があがったあとは乾拭きしてパワーラックに水滴が残らないようにします。特にボルト止している部分に水分が残らないようにしましょう。

パワーラックだけでなくプレートやバーなどは一気に錆び始めます。これらが折れたり欠けたりしないような手入れも必要です。錆止め剤などの使用も検討したほうが良いでしょう。

屋外置けばパワーラックは消耗品になる

基本的にパワーラックは購入して普通に使用していればほぼ一生使えるほど頑丈な作りになっていて、消耗品感覚ではないですが、屋外に置く場合は劣化スピードが異常なまでに早いため消耗品として割りきって使ったほうが良いでしょう。

特に高重量スクワットなどをする場合はサビなどの劣化によって曲がる、折れる、ことはパワーラックとバーの双方にあり得ることです。パワーラックの骨組みが折れることはまずないですが、折れるときはボルト・ナット部分がサビて劣化して折れ、パワーラック自体が不安定になることは十分考えられます。

一気に崩れることはまずないと思われるので、毎回安全確認をして使うようにしましょう。