ベンチプレス110kg3レップ2セット

パワーラック

ベンチプレス110kg3レップ2セット

パワーラックベンチプレス110kg3レップ2セット

先日胸のトレーニングでベンチプレス110kgに挑戦しました。最近は100kgを5レップ5セットできるようにやっていたのですが、やはり体を大きくするためには最大重量に近いウエイトを扱う必要性が高いため、110kgに挑戦しました。

ただやはりフォームを気にしていられないほど重く、たった10kgでこんなに違うのかと驚きました。3レップずつやつて、翌日は右肩を痛めてしまいました。恐らく怪我している右肘をかばうために右肩に負荷がかかりすぎたのだと思います。

数日で良くなっていきましたが、今後110kgに毎回挑戦していくか、ここは悩みどころですね。怪我のリスクはありますが、110kgの恐怖心を少しずつ薄くしていければと思っています。やはり基本は100kgでレップ数を増やしていくことですね。100kgはフォームもかなり安定してきているので、8レップできるようになったら105kgに移行したいと思っています。

1ヶ月後、100kgベンチ6レップがある程度余裕に

1ヶ月後、週に1回程度のベンチプレスで、そして本日は10日以上ベンチをしていませんでしたが、100kgが6レップ余裕気味でした。7レップいけそうでしたが、落下の恐れもあり朝から騒音が出てはいけないと思い6レップでやめておきました。確実にベンチプレスが強くなっていると思います。

最近エブリベンチを取り入れようか、エブリスクワットをやってみようか、悩みどころです。両方やるのは正直しんどいのですが、基礎代謝アップのためにもスクワットはできれば毎日取り入れたい・・・。HIIT形式の侍従スクワットをやってみようか、毎日夜やる、これだけでも下半身トレーニングという部分を意識しなければかなり良いと思います。成長ホルモン分泌や脂肪燃焼効率の向上などなど。あとはホームジムでの騒音問題が皆無であるということですね。

というわけで今のところ、エブリベンチを取り入れて、エブリHIITスクワットも同時に取り入れてみようかと計画しています。慣れるまでは筋肉痛との戦いですが、状態を見てベンチプレスのトレーニング内容を変えていきます。例えば高重量の日、低重量高レップ、速度変化等々。

夏が終わるまでにベンチプレス120kgの壁を超えたらびっくりですね。

管理人おすすめのパワーラック

TUFFSTUFFパワーラック
199,800円(税込)送料無料
ラック、セーフティーバーがパワーラック内から秒速で高さ調節可能。
大手ジムで採用されているトップクラスの安全性も安心できます。価格も20万円を切るため、本格的なホームジムを作る方にお薦め。
当然プライベートジム経営者の方も選択肢の中の有力候補のひとつになるはずです。特にケーブルなどのアタッチメントが非常に豊富で作りが良いことも一台ですべての筋トレを網羅できるタフスタッフパワーラックのメリットです。
タフスタッフの優れた安全性と効率よく筋トレできる構造の詳細を確認してみてください。
タフスタッフを詳しく見る

パワーラックを買う前に

パワーラックを選ぶ

業務用筋トレ器具

パワーラックメーカーの解説

パワーラックでできる筋トレ例