デッドリフト150kgをメインセットにします

パワーラック

デッドリフト150kgをメインセットにします

パワーラックデッドリフト150kgをメインセットにします

今朝はデッドリフトを60kg10レップ、100kg8レップ、130kg8レップをやって、140kgでやるか150kgでやるか悩んだ末に150kgに挑戦することに。ゆくゆくは160kgを扱えるようになりたかったのと、150kgは未だにやったことがなかったので不安もありましたが思い切り引き上げました。

最初はびくともしなかったので驚きましたが、もう一度姿勢を整えて腹圧を高めて全力を出すと持ち上がりました。上がってしまえば自分でも扱える重量なんだということがわかりますが、やってみないと未知の領域というのは怖いものですね。

リストストラップをけつてやり、セーフティーバーまで降ろさず膝下の位置で止めて上げ、4レップやったところで限界、そして手の豆がかなり剥がれました。怪我にはならず角質になった部分を剥がせたのて逆に良かったですが、グリップもずれてくるんだなと確認できましたし良い経験になりました。

その後はすぐプレートを外してラットプルダウン。さらにひと通りバーベルロウ、ダンベルロウ、チンニングをこなして朝の筋トレが終了。デッドリフトについては最終的に150kgで5レップ5セットができるようになったら良いかなと思います。

ただホームジムの筋トレではバーを降ろすときの音が響きすぎてしまってかなり迷惑だと感じているので、140kgですべての動作をコントロールできるように頑張ります。

追記。後日談として追記します。
この日から3週間ほど経過。デッドリフトを集中的にやっていたわけではないですが、150kgがマックス重量に近いと感じながらもそれなりに扱えるようになりました。3レップくらいが限界ですが自分の成長と可能性を実感できて嬉しいです。

YOUTUBE動画などでは200kgを5レップとか、大会に出る方たちの超人的な筋力を見ていて感覚が麻痺しているため、自分がショボすぎると思いがちですが、150kgを扱っている時点で普通の人ではなくなっていますし、それくらい成長した、という結果が出ているわけなので、そう思えば自分の使用重量に悲観することなく、自分のできるかぎり頑張っていくことができると感じました。

管理人おすすめのパワーラック

TUFFSTUFFパワーラック
199,800円(税込)送料無料
ラック、セーフティーバーがパワーラック内から秒速で高さ調節可能。
大手ジムで採用されているトップクラスの安全性も安心できます。価格も20万円を切るため、本格的なホームジムを作る方にお薦め。
当然プライベートジム経営者の方も選択肢の中の有力候補のひとつになるはずです。特にケーブルなどのアタッチメントが非常に豊富で作りが良いことも一台ですべての筋トレを網羅できるタフスタッフパワーラックのメリットです。
タフスタッフの優れた安全性と効率よく筋トレできる構造の詳細を確認してみてください。
タフスタッフを詳しく見る

パワーラックを買う前に

パワーラックを選ぶ

業務用筋トレ器具

パワーラックメーカーの解説

パワーラックでできる筋トレ例