肘が痛くて上腕三頭筋を高重量で追い込めない

パワーラック

肘が痛くて上腕三頭筋を高重量で追い込めない

パワーラック肘が痛くて上腕三頭筋を高重量で追い込めない

10年ほど前、ジムでプリーチャーカールをやっていて右肘の内側の軟骨が割れるような感覚になり、それ以降ライイングトライセップスエクステンションをやると肘が鳴って軽い痛みが続くようになりました。

ここ最近は少し右肘の様子を見ながらもしっかりと追い込めるようになってきたので安心していましたが、数週間前から右肘の以前怪我した場所ではない、尖った部分の骨あたりが痛むようになりました。日常生活でも違和感を感じるほどです。

ライイングトライセップスエクステンションはもちろん、ケーブルプレスダウンのときも痛みます。一応20kgくらいの低ウエイトでケーブルプレスダウンを20レップ3セットほどやって肘と腕を温めています。

メインとなるクローズグリップベンチプレスであればまだ我慢ができますが、それでも右肘をかばってしまい長く続きません。今は90kgで数セットこなして軽いウエイトで追い込む形を取っています。かなり肘に負担がかかっているので、痛みをかばうようにして肩が張ってしまい肩関節にも負荷がかかってしまいます。こうなったらウエイトを少なくしていきます。

ライイングトライセップスエクステンションは今まで40kgでやっていましたが肘の痛みに慣れることはなかったので30kgまで落としてやっています。これでもかなり痛いので、様子を見ながらやっています。上腕三頭筋の疲労感やパンプ感からして軽すぎるなと思ってしまうのですが肘の痛みでできないので仕方ないですね。

最後はケーブルプレスダウンを軽く流すようにして終わらせます。上腕三頭筋のトレーニングの合間に上腕二頭筋のトレーニングを挟み込んで交互にこなしていますが、上腕二頭筋はなかなかパンプしてくれないので大変です。肘の痛みが改善されないまま続けるか、上腕三頭筋は1ヶ月ほど休ませて上腕二頭筋に集中するか。悩みどころです。

管理人おすすめのパワーラック

TUFFSTUFFパワーラック
199,800円(税込)送料無料
ラック、セーフティーバーがパワーラック内から秒速で高さ調節可能。
大手ジムで採用されているトップクラスの安全性も安心できます。価格も20万円を切るため、本格的なホームジムを作る方にお薦め。
当然プライベートジム経営者の方も選択肢の中の有力候補のひとつになるはずです。特にケーブルなどのアタッチメントが非常に豊富で作りが良いことも一台ですべての筋トレを網羅できるタフスタッフパワーラックのメリットです。
タフスタッフの優れた安全性と効率よく筋トレできる構造の詳細を確認してみてください。
タフスタッフを詳しく見る

パワーラックを買う前に

パワーラックを選ぶ

業務用筋トレ器具

パワーラックメーカーの解説

パワーラックでできる筋トレ例